なぜイボに効くの?クリアポロンの主な成分Wヨクイニンとは

投稿日:

クリアポロンの主な成分、Wヨクイニンとは一体どんな成分なのでしょうか?

またなぜ、クリアポロンはイボに効くのでしょうか?

Wヨクイニンとは

クリアポロンの主成分であるヨクイニンですが、あまり普段は耳にしないことばですね。

ヨクイニンとは、イネ科のハトムギの皮をはがした種子から生成される成分です。

生薬として漢方薬にも使用されます。

身近なものでは、ハトムギ茶に多く含まれています。

ハトムギに美肌効果があるということは、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

ハトムギは和漢植物として分類され、天然成分による美容効果や肌ケアへの効果が認められています。

ヨクイニンは美肌効果のほか、肌の新陳代謝の向上、イボの治療の他にアトピーやシミそばかす、ニキビ、鮫肌対策として使用される成分です。

クリアポロンのWヨクイニンとは、脂溶性ハトムギ油と水溶性ハトムギ種子エキスのことで、イボに浸透し徐々に柔らかくしていきます。

ターンオーバーとWヨクイニンがイボに効く

イボや肌のザラザラは、ターンオーバーと呼ばれる皮膚細胞の生まれ変わりのサイクルと深く関わっています。

ターンオーバーは、通常20代の方で28日前後の周期です。

しかし生活習慣や加齢により、ターンオーバーの周期が長くなることがあります。

周期が長くなれば角質が残り続けてしまい、皮脂や汚れが溜まりやすくなり、そのダメージにより肌表面にイボができてしまいます。

ヨクイニンの効果で、肌の新陳代謝をよくし、ターンオーバーを促進することができます。

ターンオーバーが整うと肌のバリア機能も向上し、肌の調子も上向いてきます。

まずは皮膚細胞の生まれ変わりのサイクルを促進させましょう。

そして脂溶性ハトムギ油と水溶性ハトムギ種子エキスのWヨクイニンが固くなってしまった角質細胞を柔らかくし、浸透しイボを退化させていきます。

ハトムギ由来成分のWヨクイニンが、イボへの浸透効果を発揮します。

また肌のターンオーバーを正常化することが、肌コンディションを整える上で大切です。

-クリアポロン

Copyright© クリアポロンまとめ , 2017 All Rights Reserved.